銀座カラーでの全身脱毛について

銀座カラーでの全身脱毛について

大学4年生の秋から、社会人になるのを見越して全身脱毛に通い始めました。
サロンはいくつか検討した結果、CMや電車の中吊り広告で当時から名前が知れていた「銀座カラー」を選択しました。
一番の決め手は、回数に制限がなく、無制限に脱毛に通えるコースがあったことでした。

 

以下、実際にサロンに通っての感想を述べさせていただきます。
施術方法に関しては、こちらのサロンでは光を使った脱毛方法を採用しています。
全身の部位をA・B・Cの3グループに分けて、1回の施術で1グループ全てを施術します。
そのため、手足だけの日は時間が早く、体幹中心の日は時間がかかるなどまちまちですので、同じ日に予定がある日は要注意です。
個室の施術室に入ると、ベッド一台と機械が置いてあります。ウェットティッシュを置いてくれているので、施術前に足などのムレが気になるときなどはこっそり拭くこともできます。ピンク色のチューブトップに着替えて、施術台に寝て待っていると、スタッフの人が入ってきます。
まずは施術部位に専用のジェルを塗ります。これがとても冷たいので、冬は要注意です。塗り終われば早速光を照射していきます。非常に強い光なので、目元にはタオルをのせられます。ピカッと光るたびに、ちくっと毛を引っ張られるような痛みが走りますが、そこまで強い痛みではありません。場合によっては二人がかりで順調に照射がすすめられ、全て終わればジェルをふき取り、保湿に入ります。光を照射した直後は肌が極度に乾燥しているとのことなので、銀座カラーがオリジナルで生産している「美肌潤美」という美容液を施術部位に機械で噴射されます。これも相当冷たいです。これが終われば、すべての施術が完了となります。
終了後には暖かいお茶とおしぼりが出されますが、なぜかベッドの上で飲まなければなりません。ロビーでゆっくり飲むと、お客さんの回転が悪くなるからでしょうか。

 

サロンの雰囲気については、脱毛サロンだけあって清掃も行き届いていて、明るい印象を持ちました。
スタッフの接客については、人によって大きく個人差があるように感じましたが、特に逸脱して感じの悪い接客をするような方には当たったことはありませんでしたので、安心して大丈夫だと思います。

 

最後に脱毛の感想ですが、全ての部位を各6回ずつ終えた今、昔と比べると格段に自己処理が楽になっています。
全く毛が生えてこないわけではないですが、太さ・量ともに激減しています。
脱毛が気になっている人は、ぜひ近くのサロンで体験だけでも受けてみられることをおすすめします。

 

人気サロンの全身脱毛コースを比較